PD Exchange

IoTアプリケーション開発における共通機能「IoTデバイスからのデータ集約」と「IoTデバイスへのコマンド送信」に特化した、 データ交換サーバソフトウェア及びクラウドサービスです。

PD Exchangeの役割

PD Exchangeには柔軟な配信機能があります。例えば、同時に送られてきた「温度」と「湿度」のデータをそれぞれ別のアプリケーションに配信したり、一方のアプリケーションには「温度」のみ・他方のアプリケーションには「温度」と「湿度」の両方、と振り分けも自由自在です。配信独自のアプリケーション構築をスモールスタートで開始できる他、既存の業務用アプリケーションでのデータ活用を容易に実現できます。
API Connect

オープン・プラットフォーム


PD ExchangeはREST APIで操作します。既存ネットワークとの親和性が良いアプリケーションを素早く開発しリクエスト&レスポンス型APIの他、即時配信を行うリアルタイムAPIも利用可能です。
Two-way Channel

双方向通信


データ送信だけでは、IoTの価値も半減しますが、PD ExchangeはアプリケーションからのコマンドをIoTデバイスに送る双方向通信が可能。追加費用は一切なく、標準で利用可能です。
Security

堅牢なセキュリティ


SSL/TSSによるデータ送受信路の暗号化で盗聴対策。メッセージダイジェストでのデータ改ざん対策もサポート済。データ交換はPD Exchange上で行われ、データは一定期間で完全破棄されます。
Analysis

記録と分析


サービス利用開始直後から使用状況レポートが入手できます。データやレポートはCSV等のレガシーフォーマットによるダウンロードに加えて、管理系APIでのデータ取得も可能です。
Cost saving

本当に価値のある開発へ


利用開始までの時間やアプリケーションの開発工数、設備の費用、サービスイン後の運用リソースなどこれら全てを削減し、IoTビジネスの価値・利益創造をお約束いたします。
Anywhere

クラウドもオンプレミスも


パブリック・クラウド・サービスやオンプレミス・システムなどのIaaSへインストールして使用できるライセンスをご用意。また、PD Exchangeをインフラシステムとして再販も可能です。

DeID

Plat'Data Processing上においてIoTデバイス識別を行う単位となります。フォーマットはPD独自のものですが、UUIDv4との互換性があり他のIoTシステムとの親和性があります。また、DeIDはPrefix部とSuffix部に分かれておりPrefix部はPD Exchangeにより管理されますが、Suffix部は独自に設定が可能でありIPアドレス(ネットワーク部とホスト部)のように管理が可能です。

チャネル

利用開始までの時間やアプリケーションの開発工数、設備の費用、サービスイン後の運用リソースなどこれら全てを削減しIoTビジネスの価値・利益創造をお約束いたします。

DeIDの匿名化

アプリケーションからは、チャネルIDでのみアクセスが可能でありDeIDはアプリケーション側に直接晒されることがありません。一見不便ですが、匿名化されていないシステム上でデバイスIDがアプリケーション側から漏洩したケースを考えてみてください。IDの特定は、すなわちデバイス操作を許可したことと同義です。DeIDの匿名化はアプリケーション側におけるセンシティブ情報の保管コストを下げます。

データ交換への特化

PD Exchangeはデータ蓄積を行いません。データ取得を待つために一時保管は行いますが、永続的に蓄積する機能は提供されません。また、いわゆる「キュー」と異なり、データが消去されるのは一時保管期間を経過した場合のみです。購読管理(読み進めた場所の管理)をデータ取得側で行う必要がありますが、その代わり複数のアプリケーションから独立して読み出す事ができるため、アプリケーションの小型化が可能です。

Docker

PD ExchangeはDockerで動きます。動作環境のコンテナ化によって、物理サーバからIaaSまで同様の環境化でシステム運用が可能となりました。スタートアップ時は余っている物理サーバで開始し次第にIaaSへ移行する場合でも、動作環境に関わるコードを変更することなくマイグレーションができます。アップグレードも docker pull コマンドによるDocker imageの更新で完全にコントロールできます。

・PD Exchangeへメッセージを送信


curl -X POST -H "Authorization: Bearer wiXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXba1g" \
   -d "This is text message" \
    https://pd.plathome.com/api/v1/devices/02.351491.00000010/message

"This is text message" というテキスト形式データをDevice ID = 02.351491.00000010 からメッセージとして送信している

 


・PD Exchangeからメッセージを受信

 メッセージ1件の取り出し


curl -X GET -H "Authorization: Bearer dXXXXXXXXXf" \
   https://pd.plathome.com/api/v1/channels/fb82XXXXXXXX8d5ed/messages/590XXXXXXXXXX49
>> This is text message

Device ID = 02.351491.00000010 に紐付いたメッセージチャネル fb82XXXXXXXX8d5ed 内のMessage ID = 590XXXXXXXXXX49 を取り出している

 


・着信済メッセージの一覧を表示


curl -X GET -H "Authorization: Bearer dXXXXXXXXXf" \
   https://pd.plathome.com/api/v1/channels/fb82XXXXXXXX8d5ed/messages

Device ID = 02.351491.00000010 に紐付いたメッセージチャネル fb82XXXXXXXX8d5ed に格納されているメッセージ一覧を取り出している


{
  "count": 2,
  "messages": [
    {"msgid": "590XXXXXXXXXX49"},
    {"msgid": "590XXXXXXXXXX11"}
  ]
}

構築するシステムやソリューションの目的・用途に応じて、クラウド(SaaS)型とオンプレミス型の2つからお選びいただけます。

 

Plat'Data Processing 価格表 (2016/7)

日本国内向け (円) (税抜)
製品 ライセンス
開発用
(非商用 ※1)
正規製品
(商用向け)
保守
※2
提供形態: パッケージ (ライセンス証書)
PD Exchange - 1,000,000~ / プロセッサ※ 200,000~ /プロセッサ/年
 
本価格にはハードウェアやIaaS等の実行環境の価格は含まれておりません。
※ 物理CPU単位となります。IaaS等におけるvCPUに対する価格はお問い合わせください。

PD Exchangeをもっと知るためには